AD22100A

AD22100Aは、Analog Devices製の温度センサ IC(-40~+85℃)です。AD22100AのOSS-ECAL(電子部品抽象化レイヤのオープンソースソフトウェア:Open Source Software for Electronic Components Abstraction Layer)を提供致します。
MCUインタフェース:ADC

ご注意:このリソースの元の言語は英語です。 翻訳は概要を便宜的に提供するもので、機械翻訳を使用していることがあり、私たちは翻訳の正確性および妥当性につきましては一切保証いたしません。 また、実際の設計などの前には、必ず最新版Datasheetをご参照くださいますようお願いいたします。

AD22100A

概要

AD22100はオンチップ・シグナル・コンディショニングを備えたモノリシック温度センサーです。AD22100は-50℃~+150℃の温度範囲で動作可能で、多くのHVAC、計装、車載アプリケーションでの使用に最適です。
このシグナル・コンディショニングにより、トリミング、バッファリング、線形化回路が不要となり、システム設計が大幅に簡素化され、システム全体のコストが削減される。
出力電圧は温度×電源電圧に比例する(レシオメトリック)。出力は、+5.0 Vの単一電源を使用して、-50°Cで0.25 Vから+150°Cで+4.75 Vまでスイングします。
そのレシオメトリックな性質により、AD22100 はアナログ/デジタ ル・コンバータにインターフェースする時、コスト効率の良いソ リューションを提供します。これは ADC の +5 V 電源を ADC と AD22100 の両方のリファレンスとして使用することにより達成され、高精度リファレンスの必要性とコストを排除します。

特徴

  • 200℃温度スパン
  • フルスケールの±2%より優れた精度
  • フルスケールの±1%より優れた直線性
  • 温度係数 22.5 mV/°C
  • 温度に比例した出力 × V+
  • 単一電源動作
  • 逆電圧保護
  • 最小限の自己発熱
  • ハイレベル、低インピーダンス出力

用途

  • HVACシステム
  • システム温度補正
  • 基板レベルの温度検知
  • 電子サーモスタット

OSS-ECAL仕様

API関数

etSTS oAD22100A( etCMD cmd, float32* rlt )

oAD22100A関数は、引数のコマンドによってAD22100Aの処理を実行するAPI関数です。

戻り値etSTSOSS-ECALステータスコード
eSTS_FIN正常終了
eSTS_ERR_MIN最小温度エラー(rltは最小温度)
eSTS_ERR_MAX最大温度エラー(rltは最大温度)
eSTS_ERR_HAL_ADCHAL ADCエラー
eSTS_ERR_COMMAND_CODEコマンド選択エラー
eSTS_ERR_OTHERS_RUN他コンポーネント実行中エラー
eSTS_ERR_ADC_OBJECTAD変換オブジェクト選択エラー
引数 INetCMD cmdOSS-ECALコマンドコード
eCMD_STARTAD変換をスタートするコマンド
eCMD_READAD変換値を読込み、AD変換値を温度に変換するコマンド
AD変換値から温度変換式
電圧値=(AD変換値×VDD)/(2AD bit)
温度=((電圧値-電圧オフセット値)/ゲイン係数)+温度オフセット値 (Min, Max Limit)
eCMD_START_READAD変換をスタートし、AD変換値を読込み、AD変換値を温度に変換するコマンド
AD変換値から温度変換式
電圧値=(AD変換値×VDD)/(2AD bit)
温度=((電圧値-電圧オフセット値)/ゲイン係数)+温度オフセット値 (Min, Max Limit)
引数 OUTfloat32* rlt温度 -40.0~85.0 [℃]

HAL別コマンド対応表

ArduinoArduinoeCMD_START_READ
ARMMbedeCMD_START_READ
AUTOSARAUTOSAR
Debian ProjectDebian(Linux)eCMD_START_READ
InfineonModusToolbox eCMD_START_READ
NXPMCUXpresso MXRT1051B_1052BeCMD_START
eCMD_READ
eCMD_START_READ
RenesasSSPeCMD_START
eCMD_READ
eCMD_START_READ
STMSTM32Cube FW_F4 eCMD_START
eCMD_READ
eCMD_START_READ
etSTS oAD22100A_START(void)

oAD22100A_START関数は、AD22100AのAD変換を開始するAPI関数です。

戻り値etSTSOSS-ECALステータスコード
eSTS_FIN正常終了
eSTS_ERR_HAL_ADCHAL ADCエラー
eSTS_ERR_OTHERS_RUN他コンポーネント実行中エラー
eSTS_ERR_ADC_OBJECTAD変換オブジェクト選択エラー

HAL別関数対応表

ArduinoArduino
ARMMbed
AUTOSARAUTOSARX
Debian ProjectDebian(Linux)
InfineonModusToolbox
NXPMCUXpresso MXRT1051B_1052BX
RenesasSSPX
STMSTM32Cube FW_F4 X
etSTS oAD22100A_READ( float32* rlt )

oAD22100A_READ関数は、AD変換の終了を確認し、AD変換値を読み込み、そのAD変換値を温度に特性変換して、その温度をrltに保存するAPI関数です。

AD変換値から温度変換式
電圧値=(AD変換値×VDD)/(2AD bit)
温度=((電圧値-電圧オフセット値)/ゲイン係数)+温度オフセット値 (Min, Max Limit)

戻り値etSTSOSS-ECALステータスコード
eSTS_FIN正常終了
eSTS_ERR_MIN最小温度エラー(rltは最小温度)
eSTS_ERR_MAX最大温度エラー(rltは最大温度)
eSTS_ERR_HAL_ADCHAL ADCエラー
eSTS_ERR_TIMEOUTADC Timeoutエラー(AUTOSARのみ)
eSTS_ERR_OTHERS_RUN他コンポーネント実行中エラー
eSTS_ERR_ADC_OBJECTAD変換オブジェクト選択エラー
引数 OUTfloat32* rlt温度 -40.0~85.0 [℃]

HAL別関数対応表

ArduinoArduino
ARMMbed
AUTOSARAUTOSARXTime-out時間 ADC_TIMEOUT [us]設定
Debian ProjectDebian(Linux)
InfineonModusToolbox
NXPMCUXpresso MXRT1051B_1052BX
RenesasSSPX
STMSTM32Cube FW_F4 XTime-out時間 HAL_MAX_DELAY
etSTS oAD22100A_START_READ( float32* rlt )

oAD22100A_START_READ関数は、AD変換を開始し、AD変換の終了を待ち、AD変換値を読み込み、そのAD変換値を温度に特性変換して、その温度をrltに保存するAPI関数です。

AD変換値から温度変換式
電圧値=(AD変換値×VDD)/(2AD bit)
温度=((電圧値-電圧オフセット値)/ゲイン係数)+温度オフセット値 (Min, Max Limit)

戻り値etSTSOSS-ECALステータスコード
eSTS_FIN正常終了
eSTS_ERR_MIN最小温度エラー(rltは最小温度)
eSTS_ERR_MAX最大温度エラー(rltは最大温度)
eSTS_ERR_HAL_ADCHAL ADCエラー
eSTS_ERR_OTHERS_RUN他コンポーネント実行中エラー
eSTS_ERR_ADC_OBJECTAD変換オブジェクト選択エラー
引数 OUTfloat32* rlt温度 -40.0~85.0 [℃]

HAL別関数対応表

ArduinoArduinoX
ARMMbedX
AUTOSARAUTOSAR
Debian ProjectDebian(Linux)X
InfineonModusToolbox X
NXPMCUXpresso MXRT1051B_1052BX
RenesasSSPX
STMSTM32Cube FW_F4 XTime-out時間 HAL_MAX_DELAY
AUTOSAR用API関数

AUTOSARでは、マイコンのADCグループおよびチャンネルをMCAL ADCチャンネルグループに登録してAD変換する場合があります。その場合のAPI関数は、次のAPI関数を使用してください。

etSTS oMCAL_ADC_GR_START( Adc_GroupType gr )

oMCAL_ADC_GR_START関数は、ADCチャンネルグループの変換を開始するAPI関数です。

戻り値etSTSOSS-ECALステータスコード
eSTS_FIN正常終了
eSTS_HAL_BUSYHAL実行中
引数 INAdc_GroupType grADCチャンネルグループのID値
etSTS oMCAL_ADC_GR_READ( Adc_GroupType gr, Adc_ValueGroupType* buf )

oMCAL_ADC_GR_READ関数は、ADCチャンネルグループのAD変換終了を確認し、各AD変換値を読み込み、その各AD変換値をbufに保存するAPI関数です。本関数は、Timeout機能があり、ADC_TIMEOUTの値を設定して使用してください。

戻り値etSTSOSS-ECALステータスコード
eSTS_FIN正常終了
eSTS_ERR_HAL_ADCMCAL ADCエラー
eSTS_ERR_TIMEOUTADC Timeoutエラー
sSTS_ERR_PROCESSAdc_GetGroupStatus関数の戻り値が、次の値以外の場合
ADC_STREAM_COMPLETED
ADC_BUSY
引数 INAdc_GroupType grADCチャンネルグループのID値
引数 OUTAdc_ValueGroupType* bufADCチャンネルグループのバッファの先頭アドレス
etSTS oPRC_CHAR_CONV_L_FF( sint32 before, const stCOEF_L_FF coef, float32* rlt )

oPRC_CHAR_CONV_L_FF関数は、共通プロセス関数です。本関数は、引数 beforeの値(AD変換値)を電圧に変換し、その電圧を定数 coefで直線変換し、その変換値を最大最小値で制限する関数です。

戻り値etSTSOSS-ECALステータスコード
eSTS_FIN正常終了
eSTS_ERR_MIN最小温度エラー(rltは最小温度)
eSTS_ERR_MAX最大温度エラー(rltは最大温度)
引数 OUTfloat32* 温度 -40.0~85.0 [℃]
サンプルプログラム
etSTS oss_ecal( void )
{
        /*********************************************************************/
        /* ADC Gr is registered with multiple Ch and AD conversion is        */
        /* performed to convert AD2210A temperature.                         */
        /*********************************************************************/
        Adc_ValueGroupType val = 0;
        sint32 wk = 0;
        float32 phy = 0.0F;

        /* ADC Gr(Multi-Ch) start */
        sts = oMCAL_ADC_GR_START( ADC_AD22100A_GR );
        if( sts == eSTS_FIN )
        {
                /* ADC Gr(Multi-Ch) value read */
                sts = oMCAL_ADC_GR_READ( ADC_AD22100A_GR, GR_BUF );
                if( sts == eSTS_FIN )
                {
                        /* AD22100A Temperature conversion */
                        /* Get A/D value */
                        val = *(GR_BUF+ADC_AD22100A_CH);
                        /* Linear characteristic conversion */
                        wk = (sint32)mac_max_u16( val );
                        sts = oPRC_CHAR_CONV_L_FF( wk, cCOEF_AD22100A, &phy );
                        if( sts == eSTS_FIN )
                        {
                                vgPHY = phy;
                        }
                        else
                        {
                                /* nothing to do */
                        }
                }
                else
                {
                        /* nothing to do */
                }
        }
        else
        {
                /* nothing to do */
        }
        return( sts );
}

File構成

フォルダ*ファイル概要
AD22100A_HALNAME_VERSION/samplesample.c (.cpp)サンプル・アプリケーション・プログラム
sample.hサンプル・アプリケーション・ヘッダ
AD22100A_HALNAME_VERSIONoAD22100A.c (.cpp)AD22100A用OSS-ECALプログラム
oAD22100A.hAD22100A用OSS-ECALヘッダ
AD22100A_ARDUINO.inoArduino用サンプル・アプリケーション・プログラム
oss_ecal.hOSS-ECAL 共通ヘッダ (Ver 01.00.00以降、AUTOSARはVer01.01.07以降)
oTypes.hAUTOSAR用typedefヘッダファイル
user_setting.c (.cpp)ユーザ設定定数・テーブル
user_setting.hユーザ設定ヘッダ
readme.mdReadme
OSS-ECAL Terms of Use.txtOSS-ECAL利用条件

* HALNAMEはHAL対応表を参照してください。

HAL対応表

MCU/Board
メーカ
HALMCU*開発環境*HALNAME
ArduinoArduino 1.8.6ATmega2560
ATmega328P
Mega 2560 Rev3
Arduino Pro Mini 3.3V
ARDUINO
ARMMbed 6.17.0STM32F401RESTM32 Nucleo-64 boardsMBED
AUTOSARAUTOSAR 4.4 (MCAL)S32K144S32K144EVB-Q100MCAL
InfineonModusToolbox HAL Cat1 2.4.3CYBLE-416045-02CY8CPROTO-063-BLE PSoC 6 BLE Prototyping KitModusToolbox
NXPMCUXpresso SDK
iMXRT1051B_1052B
ksdk2_0
MIMXRT1052DVL6AIMXRT1050-EVKBiMXRT1051B1052B
RenesasSSP 2.4.0R7FS7G27H3A01CFCS7G2 SKSSP
STMSTM32Cube FW_F4 V1.27.1STM32F401RESTM32 Nucleo-64 boardsSTM32F4
Debian ProjectDebian(Linux) v2022.04TI AM335xBeagleBone Black – Rev CLinux

* 開発時のMCUおよび開発環境。同じHALであってもMCUや開発環境が異なると動作が合わない場合があります。

OSS-ECAL ダウンロード

ログインしてからダウンロードを行ってください。新規のユーザ登録は、こちらから行ってください。
本OSS-ECALは、サンプル版なのでユーザ登録せずにダウンロードできますが、OSS-ECAL利用条件は承諾後にダウンロードしてください。

Fileダウンロードできない場合、お問合せから型番およびHALの種類をご連絡ください。メール添付でお送りいたします。

組込み方法

ユーザプログラムにOSS-ECALを組み込む方法

ユーザプログラムに複数のOSS-ECAL(同じMCU機能の電子部品)を組み込む方法

ユーザプログラムに複数のOSS-ECAL(異なるMCU機能の電子部品)を組み込む方法

ユーザプログラムに複数同じ電子部品を組み込む方法

電子部品の入れ替えによるユーザプログラムへの影響低減方法

OSS-ECAL Japanese
error: コンテンツは保護されている