AT24C08C

AT24C08Cは、Microchip Technology製の1,024words × 8 bitsのEEPROM(Electrically Erasable and Programmable Read-Only Memory) chipです。AT24C08CのOSS-ECAL(電子部品抽象化レイヤのオープンソースソフトウェア:Open Source Software for Electronic Components Abstraction Layer)を提供致します。
MCUインタフェース:I2C

ご注意:このリソースの元の言語は英語です。 翻訳は概要を便宜的に提供するもので、機械翻訳を使用していることがあり、私たちは翻訳の正確性および妥当性につきましては一切保証いたしません。 また、実際の設計などの前には、必ず最新版Datasheetをご参照くださいますようお願いいたします。

AT24C08C

概要

AT24C08Cは、各8ビットの1,024ワードとして編成された8,192ビットのシリアルEEPROM (Electrically Erasable and Programmable Read-Only Memory) を提供します。このデバイスのカスケード機能により、最大2つのデバイスが共通の2線式バスを共有できます。これらのデバイスは、低消費電力と低電圧動作が不可欠な多くの産業用および商業用アプリケーションでの使用に最適化されています。このデバイスは、省スペースの8ピンSOIC、8ピンTSSOP、8ピンUDFN、8ピンPDIP、5ピンSOT23、および8ボールVFBGAパッケージで提供されます。すべてのパッケージは1.7V~5.5Vで動作します。

特徴
  • 低電圧動作 : VCC = 1.7V to 5.5V
  • 内臓 1,024×8(8K)
  • 工業用温度範囲 : -40°C to +85°C
  • I2C互換(2線式)シリアル・インターフェース : 100 kHz Standard mode, 1.7V to 5.5V, 400 kHz Fast mode, 1.7V to 5.5V, 1 MHz Fast Mode Plus (FM+), 2.5V to 5.5V
  • シュミット・トリガー、ノイズ抑制のためのフィルター付き入力
  • 双方向データ転送プロトコル
  • フルアレイ・ハードウェアデータ保護用ライトプロテクト端子
  • 超低アクティブ電流(最大3 mA)およびスタンバイ電流(最大6 μA)
  • 16バイト・ページ書き込みモード : 部分的なページの書き込みが可能
  • ランダム・リード・モードとシーケンシャル・リード・モード
  • 自己タイミング書き込みサイクル 最大5ms以内
  • ESD保護 > 4,000V
  • 高い信頼性:1,000,000書き込みサイクル, データの保持100年
  • グリーンパッケージオプション(鉛フリー/ハライドフリー/RoHS対応)
  • 金型販売オプション:ウェハーフォームとテープ&リールをご用意

OSS-ECAL仕様

API関数

本製品は、次のコマンドAPI関数を提供致します。

etSTS oAT24C08C_BYTE_WRITE( etCMP cmp, uint16 mem_adr, uint8 val )

戻り値
引数 IN

etSTS
etCMP cmp
uint16 mem_adr
uint8 val

OSS-ECALステータスコード
OSS-ECAL コンポーネントコード
Memory address
書き込むデータ

機能 :
mem_adrで指定したアドレスにvalの値を書き込むコマンドAPI関数

処理 :
1. mem_adrに指定したアドレスにvalの値を書き込む
2. 計測時間 iAT24C08C_WRITE_TIME[ms]経過するまで待機する(待機中は戻り値 eSTS_EXE)

戻り値 :
eSTS_FIN
eSTS_EXE
eSTS_ERR_PARAMETER
eSTS_ERR_HAL_I2C
eSTS_ERR_OTHERS_RUN
eSTS_ERR_I2C_OBJECT


備考 : iAT24C08C_WRITE_TIME[ms]経過計測は、本API関数をコールするThread周期から計算するので、THREAD_OSS_ECAL_PERIOD[ms]にThread周期を設定してください。

etSTS oAT24C08C_PAGE_WRITE( etCMP cmp, uint16 mem_adr, uint16 len, uint8* buf )

戻り値
引数 IN


etSTS
etCMP cmp
uint16 mem_adr
uint16 len
uint8* buf

OSS-ECALステータスコード
OSS-ECAL コンポーネントコード
Memory address
書き込むByte数 (Max 16)
書き込むデータバッファ

機能 :
mem_adrに指定したアドレスから順番にbuf[0]からbuf[len-1]の値を書き込むコマンドAPI関数

処理 :
1. mem_adrに指定したアドレスから順番にbuf[0]からbuf[len-1]の値を書き込む
2. 計測時間 iAT24C08C_WRITE_TIME[ms]経過するまで待機する(待機中は戻り値 eSTS_EXE)

戻り値 :
eSTS_FIN
eSTS_EXE
eSTS_ERR_PARAMETER
eSTS_ERR_HAL_I2C
eSTS_ERR_OTHERS_RUN
eSTS_ERR_I2C_OBJECT


備考 :
mem_adr + len > 0bXXXXXX1111となった場合、アドレスはA4~A8を固定としてA0~A3を0bXXXXXX0000にロールオーバします。
iAT24C08C_WRITE_TIME[ms]経過計測は、本API関数をコールするThread周期から計算するので、THREAD_OSS_ECAL_PERIOD[ms]にThread周期を設定してください。

etSTS oAT24C08C_CURRENT_READ( etCMP cmp, uint8* rlt )

戻り値
引数 IN
引数 OUT

etSTS
etCMP cmp
uint8* rlt

OSS-ECALステータスコード
OSS-ECAL コンポーネントコード
読み込みデータ

機能 :
前回のReadまたはWriteしたアドレス + 1から1Byte分の値を読み込み、rltに保存するコマンドAPI関数

処理 :
1. 前回のReadまたはWriteしたアドレス+1から1Byte分の値を読み込み、rltに保存する

戻り値 :
eSTS_FIN
eSTS_ERR_HAL_I2C
eSTS_ERR_OTHERS_RUN
eSTS_ERR_I2C_OBJECT


備考 :
前回のReadまたはWriteしたアドレス + 1 > 0b1111111111となった場合、アドレスは0b0000000000にロールオーバします。

etSTS oAT24C08C_RANDOM_READ( etCMP cmp, uint16 mem_adr, uint8* rlt )

戻り値
引数 IN

引数 OUT

etSTS
etCMP cmp
uint16 mem_adr
uint8* rlt

OSS-ECALステータスコード
OSS-ECAL コンポーネントコード
Memory address
読み込みデータ

機能 :
mem_adrに指定したアドレスから1Byte分の値を読み込み、rltに保存するコマンドAPI関数

処理 :
1. mem_adrに指定したアドレスから1Byte分の値を読み込み、rltに保存する

戻り値 :
eSTS_FIN
eSTS_ERR_PARAMETER
eSTS_ERR_HAL_I2C
eSTS_ERR_OTHERS_RUN
eSTS_ERR_I2C_OBJECT


備考 :

etSTS oAT24C08C_SEQ_READ( etCMP cmp, uint16 mem_adr, uint16 len, uint8* buf )

戻り値
引数 IN


引数 OUT

etSTS
etCMP cmp
uint16 mem_adr
uint16 len
uint8* buf

OSS-ECALステータスコード
OSS-ECAL コンポーネントコード
Memory address
読み込みByte数
読み込むデータバッファ

機能 :
mem_adrに指定したアドレスから順番に読み込み、buf[0]からbuf[len-1]に保存するコマンドAPI関数

処理 :
1. mem_adrに指定したアドレスから順番に読み込み、buf[0]からbuf[len-1]に保存する

戻り値 :
eSTS_FIN
eSTS_ERR_PARAMETER
eSTS_ERR_HAL_I2C
eSTS_ERR_OTHERS_RUN
eSTS_ERR_I2C_OBJECT


備考 :
mem_adr + len > 0b1111111111となった場合、アドレスは0b0000000000にロールオーバします。

etSTS oAT24C08C_WP_EN( etCMP cmp )

戻り値
引数 IN

etSTS
etCMP cmp

OSS-ECALステータスコード
OSS-ECAL コンポーネントコード

機能 :
Write protect enable (write disable)するコマンドAPI関数

処理 :
1. Write protect出力を “Hi” とする

戻り値 :
eSTS_FIN
eSTS_ERR_GPIO_OBJECT

備考 :

etSTS oAT24C08C_WP_DIS( etCMP cmp )

戻り値
引数 IN

etSTS
etCMP cmp

OSS-ECALステータスコード
OSS-ECAL コンポーネントコード

機能 :
Write protect disable (write enable)するコマンドAPI関数

処理 :
1. Write protect出力を “Low” とする

戻り値 :
eSTS_FIN
eSTS_ERR_GPIO_OBJECT

備考 :

File構成
フォルダ*ファイル概要
AT24C08C_HALNAME/samplesample.c (.cpp)サンプル・アプリケーション・プログラム
sample.hサンプル・アプリケーション・ヘッダ
AT24C08C_HALNAMEoAT24C08C.c (.cpp)AT24C08C用OSS-ECALプログラム
oAT24C08C.hAT24C08C用OSS-ECALヘッダ
oss_ecal.hOSS-ECAL 共通ヘッダ (Ver 01.01.01以降)
user_setting.c (.cpp)ユーザ設定定数・テーブル
user_setting.hユーザ設定ヘッダ
oHAL_i2c_stm32f4.cSTM32Cube FW_F4用HALプログラム
oHAL_i2c_stm32f4.hSTM32Cube FW_F4用HALヘッダ
readme.mdReadme
OSS-ECAL Terms of Use.txtOSS-ECAL利用条件

* HALNAMEはHAL対応表を参照してください。

HAL対応表
MCU/Board
manufacturer
HALMCU*Development environment*HALNAME
ArduinoArduino 1.8.6ATmega2560
ATmega328P
Mega 2560 Rev3
Arduino Pro Mini 3.3V
ARDUINO
ARMMbed 6.17.0STM32F401RETxSTM32 Nucleo-64 boardsMBED
InfineonModusToolbox HAL Cat1 2.4.3CYBLE-416045-02CY8CPROTO-063-BLE PSoC 6 BLE Prototyping KitModusToolbox
NXPMCUXpresso SDK
iMXRT1051B_1052B
ksdk2_0
CYBLE-416045-02IMXRT1050-EVKBiMXRT1051B1052B
STMSTM32Cube FW_F4 V1.27.1STM32F401RETxSTM32 Nucleo-64 boardsSTM32F4
Debian ProjectDebian(Linux) v2022.04TI AM335xBeagleBone Black – Rev CLinux

* 開発時のMCUおよび開発環境。
  同じHALであってもMCUや開発環境が異なると動作が合わない場合があります。

OSS-ECAL ダウンロード

ログインしてからダウンロードを行ってください。新規のユーザ登録は、こちらから行ってください。
本OSS-ECALは、サンプル版なのでユーザ登録せずにダウンロードできますが、OSS-ECAL利用条件は承諾後にダウンロードしてください。

Fileダウンロードできない場合、お問合せから型番およびHALの種類をご連絡ください。メール添付でお送りいたします。

組込み方法

下記を参考にユーザプログラムにAPI関数を組み込んでください。

Pin A2の設定は、user_setting.hの以下のコードで設定してください。

// Device address Code bit2:A2
#define AT24C08C_1             0b00000000

Infineon ModusToolbox HALの場合は、I2C Timeoutの設定をuser_setting.hの以下のコードで設定してください。
詳しくは、cyhal_i2c_master_write(), cyhal_i2c_master_read() Parameters timeoutを参照してください。

#define I2C_TIMEOUT             10U     // Timeout[ms] 

STM32Cube FW_F4 HALの場合、I2C Timeout時間は25msです。

注意:
次のコマンドAPI関数は、Read/Writeのデータ長 len によって、Timeoutの時間が異なります。
etSTS oAT24C08C_PAGE_WRITE( etCMP cmp, uint16 mem_adr, uint16 len, uint8* buf )
etSTS oAT24C08C_SEQ_READ( etCMP cmp, uint16 mem_adr, uint16 len, uint8* buf )

ユーザプログラムにOSS-ECALを組み込む方法

ユーザプログラムに複数のOSS-ECAL(同じMCU機能の電子部品)を組み込む方法

ユーザプログラムに複数のOSS-ECAL(異なるMCU機能の電子部品)を組み込む方法

ユーザプログラムに複数同じ電子部品を組み込む方法

電子部品の入れ替えによるユーザプログラムへの影響低減方法

OSS-ECAL Japanese
error: コンテンツは保護されている