MB85RC256V

MB85RC256Vは、FUJITSU SEMICONDUCTOR MEMORY SOLUTION製の32,768words × 8 bitsのFeRAM (Ferroelectric Random Access Memory) chipです。MB85RC256VのOSS-ECAL(電子部品抽象化レイヤのオープンソースソフトウェア:Open Source Software for Electronic Components Abstraction Layer)を提供致します。
MCUインタフェース:I2C

ご注意:実際の設計などの前には、必ず最新版Datasheetをご参照くださいますようお願いいたします。

MB85RC256V

概要

MB85RC256Vは、不揮発性メモリセルを形成する強誘電体プロセスとシリコンゲートCMOS プロセスを用いた32,768
ワード×8 ビット構成のFeRAM (Ferroelectric Random Access Memory: 強誘電体ランダムアクセスメモリ) です。
MB85RC256Vは, SRAM のようにデータバックアップ用バッテリを使用しなくてもデータ保持が可能です。
MB85RC256Vに採用しているメモリセルは書込み/読出し動作でバイトあたり最低1012 回の耐久性があり, ほかの不揮
発性メモリ製品よりも大きく上回ります。
MB85RC256Vでは, フラッシュメモリやE2PROMのような長い書込み時間は不要のため, 1バイト単位での書込みを 実
現しています。 したがって, ライトビジー状態のような書込み完了待ちシーケンスは必要としません。

特徴
  • ビット構成 : 32,768 ワード×8 ビット
  • 2線式シリアル・インターフェース : シリアルクロック (SCL) とシリアルデータ(SDA) の2ポートですべての制御が可能
  • 動作周波数 : 1 MHz (Max)
  • 読み書き耐久性 : 1012 回 / バイト
  • データ保持 : 10 年 ( + 85 °C), 95 年 ( + 55 °C), 200 年 ( + 35 °C) 以上
  • 動作電源電圧 : 2.7 V to 5.5 V
  • 低消費電力 : 動作電源電流 200 μA (Max @1 MHz) スタンバイ電流 27 μA (Typ)
  • 動作周囲温度範囲 : − 40 °C to + 85 °C
  • パッケージ : プラスチックSOP, 8 ピン (150mil)、プラスチック SOP, 8ピン (208mil)、両パッケージ品共にRoHS指令に適合しています。

OSS-ECAL仕様

API関数

本製品は、次のコマンドAPI関数を提供致します。

etSTS oMB85RC256V_BYTE_WRITE( etCMP cmp, uint16 mem_adr, uint8 val )

戻り値
引数 IN

etSTS
etCMP cmp
uint16 mem_adr
uint8 val

OSS-ECALステータスコード
OSS-ECAL コンポーネントコード
Memory address
書き込むデータ

機能 :
mem_adrで指定したアドレスにvalの値を書き込むコマンドAPI関数

処理 :
1. mem_adrに指定したアドレスにvalの値を書き込む

戻り値 :
eSTS_FIN
eSTS_ERR_PARAMETER
eSTS_ERR_HAL_I2C
eSTS_ERR_OTHERS_RUN
eSTS_ERR_I2C_OBJECT


備考 :

etSTS oMB85RC256V_PAGE_WRITE( etCMP cmp, uint16 mem_adr, uint16 len, uint8* buf )

戻り値
引数 IN


etSTS
etCMP cmp
uint16 mem_adr
uint16 len
uint8* buf

OSS-ECALステータスコード
OSS-ECAL コンポーネントコード
Memory address
書き込むByte数
書き込むデータバッファ

機能 :
mem_adrに指定したアドレスから順番にbuf[0]からbuf[len-1]の値を書き込むコマンドAPI関数

処理 :
1. mem_adrに指定したアドレスから順番にbuf[0]からbuf[len-1]の値を書き込む

戻り値 :
eSTS_FIN
eSTS_ERR_PARAMETER
eSTS_ERR_HAL_I2C
eSTS_ERR_OTHERS_RUN
eSTS_ERR_I2C_OBJECT


備考 :
mem_adr + len > 0x7fffとなった場合、アドレスは0x0000にロールオーバーします。

etSTS oMB85RC256V_CURRENT_READ( etCMP cmp, uint8* rlt )

戻り値
引数 IN
引数 OUT

etSTS
etCMP cmp
uint8* rlt

OSS-ECALステータスコード
OSS-ECAL コンポーネントコード
読み込みデータ

機能 :
前回のReadまたはWriteしたアドレス+1から1Byte分の値を読み込み、rltに保存するコマンドAPI関数

処理 :
1. 前回のReadまたはWriteしたアドレス+1から1Byte分の値を読み込み、rltに保存する

戻り値 :
eSTS_FIN
eSTS_ERR_HAL_I2C
eSTS_ERR_OTHERS_RUN
eSTS_ERR_I2C_OBJECT


備考 :
前回のReadまたはWriteしたアドレス + 1 > 0x7fffとなった場合、アドレスは0x0000にロールオーバーします。

etSTS oMB85RC256V_RANDOM_READ( etCMP cmp, uint16 mem_adr, uint8* rlt )

戻り値
引数 IN

引数 OUT

etSTS
etCMP cmp
uint16 mem_adr
uint8* rlt

OSS-ECALステータスコード
OSS-ECAL コンポーネントコード
Memory address
読み込みデータ

機能 :
mem_adrに指定したアドレスから1Byte分の値を読み込み、rltに保存するコマンドAPI関数

処理 :
1. mem_adrに指定したアドレスから1Byte分の値を読み込み、rltに保存する

戻り値 :
eSTS_FIN
eSTS_ERR_PARAMETER
eSTS_ERR_HAL_I2C
eSTS_ERR_OTHERS_RUN
eSTS_ERR_I2C_OBJECT


備考 :

etSTS oMB85RC256V_SEQ_READ( etCMP cmp, uint16 mem_adr, uint16 len, uint8* buf )

戻り値
引数 IN


引数 OUT

etSTS
etCMP cmp
uint16 mem_adr
uint16 len
uint8* buf

OSS-ECALステータスコード
OSS-ECAL コンポーネントコード
Memory address
読み込みByte数
読み込むデータバッファ

機能 :
mem_adrに指定したアドレスから順番に読み込み、buf[0]からbuf[len-1]に保存するコマンドAPI関数

処理 :
1. mem_adrに指定したアドレスから順番に読み込み、buf[0]からbuf[len-1]に保存する

戻り値 :
eSTS_FIN
eSTS_ERR_PARAMETER
eSTS_ERR_HAL_I2C
eSTS_ERR_OTHERS_RUN
eSTS_ERR_I2C_OBJECT


備考 :
mem_adr + len > 0x7fffとなった場合、アドレスは0x0000にロールオーバーします。

etSTS oMB85RC256V_DIAG_ID( etCMP cmp )

戻り値
引数 IN

etSTS
etCMP cmp

OSS-ECALステータスコード
OSS-ECAL コンポーネントコード

機能 :
Manufacture IDとProduct IDを診断するコマンドAPI関数

処理 :
1. Manufacture IDとProduct IDを読み込む
2. Manufacture ID = Fujitsu Semiconductor (0x00A)およびProduct ID = 0x510の比較結果を戻り値として返す
True … eSTS_FIN
False … eSTS_ERR_DIAG

戻り値 :
eSTS_FIN
eSTS_ERR_DIAG
eSTS_ERR_HAL_I2C
eSTS_ERR_OTHERS_RUN
eSTS_ERR_I2C_OBJECT

備考 :

etSTS oMB85RC256V_WP_EN( etCMP cmp )

戻り値
引数 IN

etSTS
etCMP cmp

OSS-ECALステータスコード
OSS-ECAL コンポーネントコード

機能 :
Write protect enable (write disable)するコマンドAPI関数

処理 :
1. Write protect出力を “Hi” とする

戻り値 :
eSTS_FIN
eSTS_ERR_GPIO_OBJECT

備考 :

etSTS oMB85RC256V_WP_DIS( etCMP cmp )

戻り値
引数 IN

etSTS
etCMP cmp

OSS-ECALステータスコード
OSS-ECAL コンポーネントコード

機能 :
Write protect disable (write enable)するコマンドAPI関数

処理 :
1. Write protect出力を “Low” とする

戻り値 :
eSTS_FIN
eSTS_ERR_GPIO_OBJECT

備考 :

File構成
フォルダ*ファイル概要
MB85RC256V_HALNAME/samplesample.c (.cpp)サンプル・アプリケーション・プログラム
sample.hサンプル・アプリケーション・ヘッダ
MB85RC256V_HALNAMEoMB85RC256V.c (.cpp)MB85RC256V用OSS-ECALプログラム
oMB85RC256V.hMB85RC256V用OSS-ECALヘッダ
oss_ecal.hOSS-ECAL 共通ヘッダ (Ver 01.01.00以降)
user_setting.c (.cpp)ユーザ設定定数・テーブル
user_setting.hユーザ設定ヘッダ
oHAL_i2c_stm32f4.cSTM32Cube FW_F4用HALプログラム
oHAL_i2c_stm32f4.hSTM32Cube FW_F4用HALヘッダ
readme.mdReadme
OSS-ECAL Terms of Use.txtOSS-ECAL利用条件

* HALNAMEはHAL対応表を参照してください。

HAL対応表
MCU/Board
manufacturer
HALMCU*Development environment*HALNAME
ArduinoArduino 1.8.6ATmega2560
ATmega328P
Mega 2560 Rev3
Arduino Pro Mini 3.3V
ARDUINO
ARMMbed 6.17.0STM32F401RETxSTM32 Nucleo-64 boardsMBED
InfineonModusToolbox HAL Cat1 2.4.3CYBLE-416045-02CY8CPROTO-063-BLE PSoC 6 BLE Prototyping KitModusToolbox
NXPMCUXpresso SDK
iMXRT1051B_1052B
ksdk2_0
CYBLE-416045-02IMXRT1050-EVKBiMXRT1051B1052B
STMSTM32Cube FW_F4 V1.27.1STM32F401RETxSTM32 Nucleo-64 boardsSTM32F4
Debian ProjectDebian(Linux) v2022.04TI AM335xBeagleBone Black – Rev CLinux

* 開発時のMCUおよび開発環境。
  同じHALであってもMCUや開発環境が異なると動作が合わない場合があります。

OSS-ECAL ダウンロード

ログインしてからダウンロードを行ってください。新規のユーザ登録は、こちらから行ってください。
本OSS-ECALは、サンプル版なのでユーザ登録せずにダウンロードできますが、OSS-ECAL利用条件は承諾後にダウンロードしてください。

Fileダウンロードできない場合、お問合せから型番およびHALの種類をご連絡ください。メール添付でお送りいたします。

組込み方法

下記を参考にユーザプログラムにAPI関数を組み込んでください。

Pin A0, A1, A2の設定は、user_setting.hの以下のコードで設定してください。

// Device address Code bit2:A2, bit1:A1, bit0:A0
#define MB85RC256V_1            0b00000111

Infineon ModusToolbox HALの場合は、I2C Timeoutの設定をuser_setting.hの以下のコードで設定してください。
詳しくは、cyhal_i2c_master_write(), cyhal_i2c_master_read() Parameters timeoutを参照してください。

#define I2C_TIMEOUT             10U     // Timeout[ms] 

STM32Cube FW_F4 HALの場合、I2C Timeout時間は25msです。

注意:
次のコマンドAPI関数は、Read/Writeのデータ長lenによって、Timeoutの時間が異なります。
etSTS oMB85RC256V_PAGE_WRITE( etCMP cmp, uint16 mem_adr, uint16 len, uint8* buf )
etSTS oMB85RC256V_SEQ_READ( etCMP cmp, uint16 mem_adr, uint16 len, uint8* buf )

ユーザプログラムにOSS-ECALを組み込む方法

ユーザプログラムに複数のOSS-ECAL(同じMCU機能の電子部品)を組み込む方法

ユーザプログラムに複数のOSS-ECAL(異なるMCU機能の電子部品)を組み込む方法

ユーザプログラムに複数同じ電子部品を組み込む方法

電子部品の入れ替えによるユーザプログラムへの影響低減方法

OSS-ECAL Japanese
error: コンテンツは保護されている